2006年 04月 08日 ( 4 )
ハードル
なんか最近仕事のことばっか書いてるな。
と言うことで他の話。

忙しいと言いつつも小説はつねに読んでます。
最近は小説だけじゃなくってビジネス関連の書も読んでみようかなと。
そういう勉強もしなきゃねと思って。
ハードル高いけど。(笑)

最近のお気に入りはメゾンカイザーってパン屋さん。
http://www.maisonkayser.co.jp/
都内にも何店舗かあるけど、自分は新宿に行ったときに伊勢丹で買ってます。
一押しはクロワッサンオザマンド。
アーモンドクリームの入ったクロワッサン。
結構甘いけどおいしすぎる。
他のパンも食べた限りでは全部いけます。

ドラマ白夜行が終わった今、綾瀬はるかがなんか無性に気になります。
ポカリのCMとか喰いついちゃうし。
[PR]
by kazlog | 2006-04-08 12:11 | 読書
「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎
「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎
銀行強盗して逃げてる途中に現金輸送車襲撃犯に強盗したお金を横取りされて・・・て話。
今時ギャングって、って思うんだけどそれが許せてしまう内容です。
やっと文庫化されたので読んでみた。
とにかく面白い。
主役の4人に簡単に感情移入ができてしまいます。
そして表現の回りくどさがない。
今まで読んだ伊坂作品の中でも
とにかくお勧めの一冊です。
[PR]
by kazlog | 2006-04-08 12:10 | 読書
「霧の旗」松本清張
「霧の旗」松本清張
兄が殺人容疑で逮捕された女性が有名な弁護士に依頼して断られ逆恨みするって内容。
これまたシュール。
復讐がメインのストーリー。
その裏には裁判制度の未熟さも描かれてるんだけど。
松本清張の描く人物ってどれも人間くさいなぁ。
[PR]
by kazlog | 2006-04-08 12:08 | 読書
「共犯者」松本清張
「共犯者」松本清張
全10編からなる短編集。
全体的にミステリーといった感じではない。
タイトルにもなっている「共犯者」は銀行強盗したお金を元手にそれなりの地位を気づいた人物が、共犯者から恐喝されはしないかと心配し始める物語。
他の短編もかなりシュールな内容となってます。
まあまあ。
[PR]
by kazlog | 2006-04-08 12:05 | 読書