プレッシャー
a0030208_9401478.jpg
この仕事(建築設計)をしててプレッシャーを感じる期間がある。
それはクライアントに初めて会ってから次に会うまでの期間。
だいたい1~2週間くらいなんだけど。
建物ってかなりの大金をかけて建てるし、ものすごい夢を持って語ってくれる人も多い。
自分たちに頼んでくる人なんてかなりのこだわりを持った人ばっかだし。
そのたくさんの要望に答えて上回るようなプランを提案できるかなと考えるとプレッシャーが押し寄せてくる。
そしてイメージをつくり、手を動かし、スタディ模型をつくったりしてプランを練っていき、だいたいの方向が見えたらプレッシャーやや低減。
第一回プレゼンテーションで気に入ってもらえれば"やったー"って気持ちとともに"ふぅ"って感じも。
幸い今まで気に入ってもらえなかった事がないけど、悩みまくってつくったプランが気に入ってもらえなからかなりのショックなんだろうな。(笑)

キャリアを積んでいけばプレッシャーも無くなるもんなのかな。
それでもそのプレッシャーが心地よいからこの仕事が好きなのかもな。

写真はボツ案。(笑)
土地探しから一緒にしてる案件で土地を購入する前にここならこんな感じですよってプランを提案します。
プラン自体は気に入ってもらえたんだけど立地がNGということで。
[PR]
by kazlog | 2006-03-21 09:40 | 建築
<< 桜のアーチ 「歪んだ複写―税務署殺人事件」... >>