「歪んだ複写―税務署殺人事件」松本清張

「歪んだ複写―税務署殺人事件」松本清張
税務署の汚職を描いた作品。
それを二人の新聞記者が暴いていくってストーリーです。
すごく面白いというわけではなかった。(笑)
賄賂やら出世やら、こんな世界もあるんだって感じ。
もちろん時代がかなり違うんだろうけど本質的には変わらないだろうな。
自分には縁遠い世界のお話でした。(笑)
[PR]
by kazlog | 2006-03-13 01:48 | 読書
<< プレッシャー 『或る「小倉日記」伝』松本清張 >>