ハードル
なんか最近仕事のことばっか書いてるな。
と言うことで他の話。

忙しいと言いつつも小説はつねに読んでます。
最近は小説だけじゃなくってビジネス関連の書も読んでみようかなと。
そういう勉強もしなきゃねと思って。
ハードル高いけど。(笑)

最近のお気に入りはメゾンカイザーってパン屋さん。
http://www.maisonkayser.co.jp/
都内にも何店舗かあるけど、自分は新宿に行ったときに伊勢丹で買ってます。
一押しはクロワッサンオザマンド。
アーモンドクリームの入ったクロワッサン。
結構甘いけどおいしすぎる。
他のパンも食べた限りでは全部いけます。

ドラマ白夜行が終わった今、綾瀬はるかがなんか無性に気になります。
ポカリのCMとか喰いついちゃうし。
[PR]
# by kazlog | 2006-04-08 12:11 | 読書
「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎
「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎
銀行強盗して逃げてる途中に現金輸送車襲撃犯に強盗したお金を横取りされて・・・て話。
今時ギャングって、って思うんだけどそれが許せてしまう内容です。
やっと文庫化されたので読んでみた。
とにかく面白い。
主役の4人に簡単に感情移入ができてしまいます。
そして表現の回りくどさがない。
今まで読んだ伊坂作品の中でも
とにかくお勧めの一冊です。
[PR]
# by kazlog | 2006-04-08 12:10 | 読書
「霧の旗」松本清張
「霧の旗」松本清張
兄が殺人容疑で逮捕された女性が有名な弁護士に依頼して断られ逆恨みするって内容。
これまたシュール。
復讐がメインのストーリー。
その裏には裁判制度の未熟さも描かれてるんだけど。
松本清張の描く人物ってどれも人間くさいなぁ。
[PR]
# by kazlog | 2006-04-08 12:08 | 読書
「共犯者」松本清張
「共犯者」松本清張
全10編からなる短編集。
全体的にミステリーといった感じではない。
タイトルにもなっている「共犯者」は銀行強盗したお金を元手にそれなりの地位を気づいた人物が、共犯者から恐喝されはしないかと心配し始める物語。
他の短編もかなりシュールな内容となってます。
まあまあ。
[PR]
# by kazlog | 2006-04-08 12:05 | 読書
同じ轍
今日は前回プレゼンをしたクライアントとの打ち合わせ。
おかげさまで来週契約となりました!
やったね。
で、また打ち合わせ後16時くらいに帰宅して睡眠。
先週と同じ轍を踏んでます。

最近はスピッツのベストを聴きつつの仕事。
いろんな曲がいろんな思い出にリンクされてて懐かしい。
[PR]
# by kazlog | 2006-04-05 20:04 | 建築
桜のアーチ
a0030208_21571776.jpg写真は毎朝事務所に行くときに通る道。
桜がアーチになってて歩いてて心地よい。
さすがに桜新町が最寄駅だけに桜がきれいです。
これでaikoの「桜の時」でも流れてきたら素敵だろうなとあり得ないことを考える。(笑)

水曜日プレゼンがあるのでそれまでは寝ないで頑張ろう。
ふと、高校受験の頃は「四当五落」なんて言って頑張ってたのを思い出した。
[PR]
# by kazlog | 2006-03-27 22:04 | いろいろ
プレッシャー
a0030208_9401478.jpg
この仕事(建築設計)をしててプレッシャーを感じる期間がある。
それはクライアントに初めて会ってから次に会うまでの期間。
だいたい1~2週間くらいなんだけど。
建物ってかなりの大金をかけて建てるし、ものすごい夢を持って語ってくれる人も多い。
自分たちに頼んでくる人なんてかなりのこだわりを持った人ばっかだし。
そのたくさんの要望に答えて上回るようなプランを提案できるかなと考えるとプレッシャーが押し寄せてくる。
そしてイメージをつくり、手を動かし、スタディ模型をつくったりしてプランを練っていき、だいたいの方向が見えたらプレッシャーやや低減。
第一回プレゼンテーションで気に入ってもらえれば"やったー"って気持ちとともに"ふぅ"って感じも。
幸い今まで気に入ってもらえなかった事がないけど、悩みまくってつくったプランが気に入ってもらえなからかなりのショックなんだろうな。(笑)

キャリアを積んでいけばプレッシャーも無くなるもんなのかな。
それでもそのプレッシャーが心地よいからこの仕事が好きなのかもな。

写真はボツ案。(笑)
土地探しから一緒にしてる案件で土地を購入する前にここならこんな感じですよってプランを提案します。
プラン自体は気に入ってもらえたんだけど立地がNGということで。
[PR]
# by kazlog | 2006-03-21 09:40 | 建築
「歪んだ複写―税務署殺人事件」松本清張

「歪んだ複写―税務署殺人事件」松本清張
税務署の汚職を描いた作品。
それを二人の新聞記者が暴いていくってストーリーです。
すごく面白いというわけではなかった。(笑)
賄賂やら出世やら、こんな世界もあるんだって感じ。
もちろん時代がかなり違うんだろうけど本質的には変わらないだろうな。
自分には縁遠い世界のお話でした。(笑)
[PR]
# by kazlog | 2006-03-13 01:48 | 読書
『或る「小倉日記」伝』松本清張
「或る「小倉日記」伝」松本清張
予備校時代の友達に正月一緒に松本清張記念館に行ったときに勧められたので読んでみる。
10のストーリーが収められた短編集。
タイトルにもある或る「小倉日記」伝は障害を持った男がその生涯を森鴎外の小倉での足取りなどを調べて行く話。
何故か全体的に考古学系の話が多かったのだけどどのストーリーも面白かった。
人間の儚さや切なさ、不条理さがリアルな形で表現されてます。
ミステリーって言うよりもシュールな小説って感じ。(笑)
このシュールさ好きです。
[PR]
# by kazlog | 2006-03-13 01:12 | 読書
CCB
今日は久しぶりに家でまったり。
来週末には心から楽しめそうな仕事のプレゼンがあるので頑張らねば。
土曜日は代官山で打ち合わせの後、スタッフが誕生日だと言うことで二人でランチ。
カフェミケランジェロに。
リニューアルしてテラコッタっぽい瓦がのっかってました。
天井付のエアコンが必要以上にあったけど屋根の工事は室内の熱環境対策なのかな?
その後原宿のROSSOに行き髪を切る。
いつも髪型や色は担当の人に任せてるんだけど、今回は終わってみるとCCBみたいになってました。(笑)
ちょっと頭悪そうに見えなくもないけどまあいっかって感じです。
そう言えばCCBって自分よりちょっと若い人には通じないんだろうな。
ドラマの電車男では流れてたんだけどさ。

ちなみに土曜日のジュビロ戦はビデオでチェック。
得点がとれる気がまったくしません。
どうにかしてください。
[PR]
# by kazlog | 2006-03-13 00:23 | いろいろ