「サウス・バウンド」奥田英朗

「サウス・バウンド」奥田英朗
学生運動をバリバリやってた元過激派の父を持つ小学6年生の子の視点で描かれてる。
家族はいろいろあった後に沖縄に突然引っ越してしまうって話。
第一部が東京編、第二部が沖縄編となる。
この本最高に面白い。
自分が今まで読んだ本の中でも間違いなくトップレベル。
絶対に読んで欲しい一冊です。
いろいろあるけどホンワカします。
沖縄に引っ越したくなりました。(笑)
この分だと新刊の「ガール」も面白そうかも。
[PR]
by kazlog | 2006-04-16 13:47 | 読書
<< 自給自足 「チョコレートゲーム」岡嶋二人 >>