「チョコレートゲーム」岡嶋二人

「チョコレートゲーム」岡嶋二人
名門中学校の生徒が次々に殺されていく。
息子を失った父親が息子のために真相を暴く話。
岡嶋二人の作品にしては残酷な作品。
キーワードは「チョコレートゲーム」。
18年前の作品だけど全然古さを感じない。
てか、結構リアル。
読み終わった後にやられた~って感じです、いろいろな意味で。
[PR]
by kazlog | 2006-04-16 13:45 | 読書
<< 「サウス・バウンド」奥田英朗 ハードル >>