「共犯者」松本清張
「共犯者」松本清張
全10編からなる短編集。
全体的にミステリーといった感じではない。
タイトルにもなっている「共犯者」は銀行強盗したお金を元手にそれなりの地位を気づいた人物が、共犯者から恐喝されはしないかと心配し始める物語。
他の短編もかなりシュールな内容となってます。
まあまあ。
[PR]
by kazlog | 2006-04-08 12:05 | 読書
<< 「霧の旗」松本清張 同じ轍 >>